ネットショップをする上での注意事項

過度なメルマガには気を付けましょう

ネットショップで成功する秘訣はサイトに会員登録を多数の人に登録してもらう事です。登録者には定期的にメルマガを送り購買意欲を促します。しかし、頻繁にメルマガを配信したり、有益でない商品を案内しているとスパムメール扱いになり迷惑メールとして扱われるケースもあります。
メールを配信する頻度は、一週間に一度程度がベストと言えます。少ない様に感じるかもしれませんが、その分内容の濃い魅力的なセールスレターにすれば効果は増大します。コツとしては、商品を猛アピールしない事です。「もしよろしければ買ってみませんか?}ぐらいの謙虚な姿勢を見せておいた方が、成果は向上し易い傾向にあります。
スパムメール扱いされると悪い印象しか記憶に残りませんので、くれぐれもお気を付けください。

公序良俗違反に気を付けましょう

公序良俗違反とは、犯罪を助長したりルール違反を繰り返す事です。これは知らない内に犯している事が多くありますので気を付けなければなりません。
ネットショップでの犯罪を助長する例として、直近のニュースで犯罪に使われたものを販売する行為が上げられます。日用品であれば問題ありませんが、特殊なものだと悪意があると思われます。ネットショップのドメインごと削除される可能性も出てきます。
ネットショップでのルール違反は、宣伝広告の掲載の仕方があります。広告の貼り方を規制してるところもあり、事前に禁止事項を確認しておく必要があります。ルール違反を繰り返していると、アカウントを削除されるケースもあります。そうなると収入が減り、大きな痛手となります。